材料のあたま_木造外壁

木造の外壁材料といえば

一般的には窯業系サイディング。

様々なパターンがありますね。

昔は12ミリだった厚みが今は14ミリに。

成分のアスベストを取り止めたため

と言われているが変更当時

もっと報道しても良いのにと思ってました。

消費者には直接被害が及ばないから

世の中が大変になるから    ですかね。

 

一般的というのはキケンですね。

平等で公平で画一的な分譲住宅街。

文字で表すと社会主義みたい。

分譲住宅街やマンションという名の独立国が

経済性を突き詰めると、そうなるんでしょう。

まあ、選ぶのは自由ですから。

んで、自由な選択肢として今まで使用した

木造の外壁について書くことにします。

 

左官_下地がモルタルということ

○漆喰(本しっくい、セメント混入しっくい)_

漆喰「城かべ」とセラミック「ライミックス」の田川産業

城郭にもつかってるんだと

 

○ジョイントV_

日丸産業株式会社 - 湿式工法、バスク工法の日丸産業(株)

材工でも頼めるし作業指導もしてくれる。

 

☆ガルバリウム鋼板_各鋼板会社

下地に石膏ボード、ダイライトが必要。

 

☆木材_杉、米杉、米ヒバ

○外壁準耐火構造_

CHANNEL ORIGINAL

○焼杉_

フローリング・羽目板・焼杉の自社生産と販売 平川木材工業

中本造林株式会社

 

などなど

基本は木材仕上げの時はダイライト下地。

材木屋さんで特注で製材した事も。
工務店がコンテナ船で輸入乾燥するとこも。

現場で杉を焼いた人もいましたね。

 

他に何があるかな?

 

それぞれの良し悪しはあるけども

材料の特性を考えているか?

材料の精度は?

施工者は?

施工時期、季節は?

計画地の条件は?

使用場所に西日は?雨は?

などなど材料ありきで計画時から

色々考える事がある。

それらを省けばサイディングが

安心という事になりますね。

 

上に戻る。(無限ループ)