設備のあたま_トイレ

久しぶりにトイレ比較をしてみました。

LIXIL

 

サティスLIXIL | トイレ | サティス

最高ランクでGタイプの8シリーズだと

・洗浄水量についてECO4(床排水)大4L

・奥行き寸法650㎜

泡クッションについて男性目線で跳ねが軽減されるらしい。

使ってみないと何とも言えないが

最近は座ってするのがマナーかもしれませんね。

いろんな機能があるけど

リラックスミュージックや部屋暖房っているのかな?

パブリック壁掛け便器パブリック向け壁掛便器 | パブリックトイレ・水まわり | PROJECT LIXIL ポータル

浮いてるから掃除しやすそう

・洗浄水量について大5L

・奥行き寸法550+250(ライニング)

機能はサティスに比べるとあまりない。

 

日本のトイレはどこまで行くのでしょう。

サービス業だとミュージックや暖房など必要でしょうが

初期投資としてどこまで必要なんだろう?

おもてなし文化として海外からの評価が髙いのは良いことですね。

最近は災害時についても気になる。

タンクレスだとカバーを外せば、電池式にかえたり、

排水バーがあったりと対応はできるようですが

タンク付きの手動に勝るものはないように感じる

私なら来客用トイレはかっこいいタンクレスを

もう一つ家族用があるのならタンク付きに

別売りの便座ウォーマーとシャワーを設置かな。

 

さまざまなことで言えると思いますが

最低ランクと最高ランクを比較をすることで

社会の仕組みが見えてきそうです。

最新住宅設備についていくのは大変です。